忍者ブログ
「現象」痛くなった過程、変形した過程などを 「復元」人間本来の自然治癒力を使い、無痛でもとに状態に戻す。 「現象復元の法則」に基ずき施術を行っています 法則だからこそ、年齢 性別 症状に関係なく全ての人の不調快復の期待に応えています
〓 Admin 〓
<< 11   2018 / 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     01 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月29日に行橋周防灘カップに参加させていただきました。2日間にわたり、関係者の先生方には大変お世話になりました。

1日目の懇親会の参加を飛び入りにもかかわらず、快く受けてもらって感謝です。そこで全く予期しない事態に・・・・
あの福岡の審判の神様と言われる○ら原先生と同席させていただいて 昔の懐かしい話を話に時をたつのも忘れて盛り上がってしまいました。

私が高校生のとき 審判していただいていたんですよって言ったのがきっかけで、当時は飯高がつよかったねえとか まるで同窓会みたいに盛り上がったしまいました。先生の笛は気持ちよくて 現役の選手はみな あの先生に審判してもらいたいと言っていたんですよとの私の言葉に酒を美味しそうに飲みながら 楽しそうに聞かれていました。

当時、手話20歳代とのことです。私は名前も存じ上げず、き持ちよい笛を吹かれる先生としかわかりませんでしたが
それから実業団 国際大会のテレビの中でやがてそのお名前を知るようになりました。

NBA だとかJBLの審判エピソードなども聞かせていただきました。なかでもマジック ジョンソンのお話は周りにいた若い審判の人たちも 感嘆と 笑いを誘っていました。

この記事を書きながら思ったことがあります。当時○ら原先生の笛で試合をしたから 選手がうまくなれたんじゃないかな。私は今は公式戦で審判することはありませんが 選手の向上ができるような 厳しくも 愛情のある笛を吹かれる審判の方が多く出てくるのを期待しています。そして先生がいつまでも元気で ますますご活躍をされることを願ってやみません。

本当に思いがけず 幸せな1日でした。

PR
お邪魔しました。顧問の先生とは 長男がお世話になって随分長いお付き合いになります。 アップメニューで驚いたのが 大内メニューと名付けらてたものでした。 これは7年んくらい前に 卒業生である 長男がお世話になった顧問の先生の 希望を聞いて考えたメニューだそうです。このメニューをズーッと指導に使っていてくれたんですね。感激しました。 今、教えている中学生も近い将来是非 挑戦あるいは真似してもらいたいと思います。 また、人間関係が多彩な先生なのに 名の無い卒業生の考えたメニューをズーッと大事にして使ってもらっている m先生に感謝です。
北九州で練習がしたいのだけど どこか連絡してもらえないだろうかとの依頼を受けて ある中学の先生におねがいしてみたところ 快く受けていただきまして、さらに2校も参加させてもらいました。

全く熱心で頭が下がります。山口の先生との再会は2年ぶりです。懐かしかったあ。どんな選手を持っても 人間性や技術を伸ばしてくる先生です。

今年の保護者2人がバスでも移動できるようにと 大型免許を取りにいった話をされていました。すごいですよねえ。信頼感が違います。

北九州のチームの先生たちも負けずに熱心な先生ばかりでした。

特に僕のわがままを聞いてくれて 引き受けてくれた先生にはホント感謝です。

また いじめの問題やっていました。死人に口なし、なんで自殺したのかわからないけど、普通に考えるとそうですよね。常識の違いですまされないことになっています。

私の身近な例のひとり言をします。これもバスケット新人顧問の先生のお話ですが この先生もすごく優秀で、責任感の強い先生なのでしょうが、全くきずいていない 的外れの 迷惑なことばかりしているのが わかっていません。たとえば 審判を一生懸命するのですが ほとんどできません。はじめはできないのが当たり前ですが、まわりの人が良いアドヴァイスしないので うそばっかりのジャッジです。これでは競技にならないばかりでなく、選手がエキサイトして怪我になることさえ分かっていないのです。

この先生僕に対しても挨拶をしません。ぼくは自分から挨拶をしてその人からかえらないと それ以上はしませんので別にいいのですが、あいては若いとはいえ 学校の先生です。それで生徒に注意していますからあきれます。

さらに この先生滅多にはいらないベンチに入ったかと思ったら、試合の最中 男子の練習が気になり ベンチに入ったり出たり、この時点でペナルティが課されますが、選手も迷惑していることさえ わからないので文句を言えない選手はほとほと困っているのがわかりません。

ぼくらが若い時は ほんと怒られたものです。そのおかげで恥はかかなくてすんだと思っています。
中高年ベテランの先生も、今の若い先生にはいいずらいらしいです。

若くてもいったん先生になってしまえば 授業に管理職が付いてくるなんてことは ないでしょうから自分本位になり、責任の取らなくてすむ社長がふえてくるのは当然です。

新規採用の先生は 5年間担任を持てないとか、子供がいない先生は採用しないとか、1年間は授業も担当上司が付きそうだとかすると変わるかも。でもそもそも今の管理職が 事なかれ主義をやめんとねえ。

ひとり言を書いてきましたが、僕の周りには すばらしい先生、頭の下がる先生もたくさんいます。
どうかこのような先生に恥をかかせないように、特に若い先生たちに世の中の常識も勉強されることを 願っています。


教育的配慮

その2

3年生にとって最後の公式戦は 1勝でもしたい思いです。この年代の3年生は2人しかいませんでした。そのうちの1人は よくあるお年頃の症状で 学校生活 部活の態度もよろしくなかったのですが なんとか僕の話はよく聞いてくれる女性とでした。

彼女との約束で、試合途中にきれたら 試合には出さんよと申し合わせ 頑張っていたのですが・・・
この試合を落とすと 今までやってきたことが水の泡になってしまいます。当然後退させる場面です。

本人も納得していたのですが 先生から試合に出してほしいとの要請が。試合も僅差で争っていたために断りましたが あまりにいわれるので しかたなく出してしまいましたが ゲームは負けてしまいました。
3年生最後の試合なのでと教育的配慮と言われました。

この子がまじめに取り組んでいたのなら、いうこともわからんのではありません。
僕や、まじめに取り組んできたほかの部員への教育的配慮はないのでしょうか?
全て ぶち壊された思いでした。

なんだかいじめの加害者を必要以上に庇い、バッシングされているニュースを思い出してしまいました。
考え方の難しさなんですかねえ。


熱心な先生もいるので 僕らから見て勘違いされた先生がやけに 目立つし不愉快になることがあります。
「教育的配慮」よく使う言葉ですが、それがホントに配慮ですかと思ったことのベスト2をひとり言してみたいと思います。

その1

ある公式戦の中学市内大会のこと あきらかに相手のベンチがルールに違反している行為があったため 審判にその処置を言ったところ、テーブルの後ろについていた先生が 「教育的配慮で 九州大会でも取っていません」とのこと。えっつ!!「教育的配慮」でルールが変わるの?一般コーチのぼくらはどうやって教えたらいいの?

あとでこの試合を見ていた 日本協会公認審判に尋ねてみるとどうやら僕のほうが正しいということでした。
「教育的配慮」軽々しく使わないでほしいですね。

選手の期待にはたして顧問の先生は答えてあげられているでしょうか?答えはNOですよね。
不満はあるけど先生が熱心なのでという理由で 選手がついていけばなんの問題もなく幸せなはずです。

保護者まで意見する事態としては、まずいよなと考えるべきなんでしょうが、優秀すぎてますます自分の責任を違う方向に向けているんですよね。

結果、選手のわずかな高校時代の いやな思いで作りに貢献していることをわかっていません。
「先生、そうじゃなくて」と叫びたいよね。つまり常識が違うよなあといつも思ってしまうのでした。

次回はぼくの身の回りに起きたことの ひとりごとです。

まずなんでこのような問題を出したのでしょうか?普通に考えれば生徒に出すことは 非常識です。
非常識とわからないのか、わかっても出す必要があったのか。

独り言を言えば次から次とめどなく出てくるので、ごく最近起こったことを例えながらお話します。
非常識なのかそうでないか それとも 自己中なのか?
学校の部活では その顧問の先生が全くの素人というケースが 多々あります。
選手がかなり能力が高い人数が多いとき、 いつも指導上の問題が出てきます。決まって選手、保護者は外部からでも指導者を招きたいのですが 学校や先生は当然いい顔はしないので ムードは悪い方向です。

私の知り合いの子に高校でバレーをしている子がいます。彼女のチームは小学校からバレーをしている選手が多く、1勝でも多く勝ちたいのですが 顧問は全くの素人のようです。お決まりのように経験のある指導者を入れてもらいたいとの申し出をしたそうですが、「これは、僕のチームなので」と断られたそうです。

そもそも部活が自分のチームなんていうことが 勘違いしてそうですがどうでしょう。部活を引き受けてやってるという思いが強く伝わってきます。この先生勉強熱心で WEBで練習方法を学び 選手に教えてるそうですが・・・続きは次回に



練習中も痛みはないとのこと。このあと県大会を迎えるのですが、その後TELにて報告がありました。
100Mはコンマ3の差で 九州大会出場かないませんでしたが、50Mで自己新をマークし進むことができますとのこと。

九州大会前にまた調整に来ますとのことでした。

を訴えて来院。(高校生)県大会に向け、練習中だとかで困っているところ、先輩の親から紹介されました。

その先輩も県大会前 前腕の痛みできていましたが、大会時には痛みはなく、しかも自己新で九州大会に進んだのを聞いてきたようです。

歩くときには痛みがないので 実際に痛みの出る動作をしてもらい施術しました。次の日練習なので痛み方がわかりますとのこと。

たぶんかなり取れているはずです。


プロフィール
HN:
からだ楽々整体「ゆるり」代表 大内 雅彦
性別:
男性
職業:
整体師
趣味:
痛み取り
自己紹介:
「見たことある~って、思わず叫ばないで」
日本バスケット協会公認コーチ
北九州市戸畑区 小学校 バスケット指導中
中学・高校外部講師依頼受付中
最新コメント
[09/06 こうだ]
Copyright(c) 北九州市戸畑区整体院 脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア整体研究所 からだ楽々整体 ゆるり 日々奮闘記 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]