忍者ブログ
「現象」痛くなった過程、変形した過程などを 「復元」人間本来の自然治癒力を使い、無痛でもとに状態に戻す。 「現象復元の法則」に基ずき施術を行っています 法則だからこそ、年齢 性別 症状に関係なく全ての人の不調快復の期待に応えています
〓 Admin 〓
<< 09   2017 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずなんでこのような問題を出したのでしょうか?普通に考えれば生徒に出すことは 非常識です。
非常識とわからないのか、わかっても出す必要があったのか。

独り言を言えば次から次とめどなく出てくるので、ごく最近起こったことを例えながらお話します。
非常識なのかそうでないか それとも 自己中なのか?
学校の部活では その顧問の先生が全くの素人というケースが 多々あります。
選手がかなり能力が高い人数が多いとき、 いつも指導上の問題が出てきます。決まって選手、保護者は外部からでも指導者を招きたいのですが 学校や先生は当然いい顔はしないので ムードは悪い方向です。

私の知り合いの子に高校でバレーをしている子がいます。彼女のチームは小学校からバレーをしている選手が多く、1勝でも多く勝ちたいのですが 顧問は全くの素人のようです。お決まりのように経験のある指導者を入れてもらいたいとの申し出をしたそうですが、「これは、僕のチームなので」と断られたそうです。

そもそも部活が自分のチームなんていうことが 勘違いしてそうですがどうでしょう。部活を引き受けてやってるという思いが強く伝わってきます。この先生勉強熱心で WEBで練習方法を学び 選手に教えてるそうですが・・・続きは次回に



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
からだ楽々整体「ゆるり」代表 大内 雅彦
性別:
男性
職業:
整体師
趣味:
痛み取り
自己紹介:
「見たことある~って、思わず叫ばないで」
日本バスケット協会公認コーチ
北九州市戸畑区 小学校 バスケット指導中
中学・高校外部講師依頼受付中
最新コメント
[09/06 こうだ]
Copyright(c) 北九州市戸畑区整体院 脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア整体研究所 からだ楽々整体 ゆるり 日々奮闘記 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]